地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、富津の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

富津の地域情報サイト「まいぷれ」

ろけぷれ!

サウンド・オブ・ミュージック ロケ地めぐり 最終章

世界中から訪れる『ドレミの階段』と、名場面“池ポチャ”はここだ!

ドレミの階段

茶柱:本作品でも最も有名でスペクタクル、かつ躍動的に溢れたミュージカルナンバー「ドレミの歌」いよいよ大団円を迎えます!ジュリー・アンドリュース伝説の4オクターブの美声が突き抜ける~~ドレミのフィナーレ!いつ見てもジュリー以下、子供たちのやりきった感がたまりませんね!まさにサウンド・オブ・ミュージックの聖地中の聖地!(全部聖地だが……。)

ナカ:先生、この「ドレミの歌」って今で言う、ミュージックビデオの元祖ですよね。

茶柱:まあ、元祖と言われてるのはビートルズの「hard day's night」だけどね。
しかし!
異論はあるだろうが、むしろこの「ドレミの歌」の方が、よりアグレッシブで、完璧なまでのリップシンク!
振りつけや、シーン構成、カッティング、全てに於いて完成度は宇宙に突き抜けるほど高いと思う。一曲のミュージカルナンバーでこれほど時空を飛び越えてモンタージュされた音楽映画は恐らくそれまでの映像作品にはないはず!ナカの仰る通り!これぞまさしくミュージックビデオぢゃ!
世界じゅうの人が見に来る有名な階段、これが通称「ドレミの階段」だ!<br>いつ来ても幸せになれる階段、中央にはペガサスの泉と遠景にホーエンザルツブルグ城が威風堂々と佇む。
世界じゅうの人が見に来る有名な階段、これが通称「ドレミの階段」だ!
いつ来ても幸せになれる階段、中央にはペガサスの泉と遠景にホーエンザルツブルグ城が威風堂々と佇む。
茶柱:ペガサスの泉から、ドレミの階段まではすべてこの「ミラベル庭園」でロケされた。それが50年後の今でもそのままの姿であり続けてくれている事に感謝、感謝!とにかく美しい!

そして、グッドなタイミングでサウンド・オブ・ミュージックの無料コンサートに遭遇! 見事なエーデルワイスが庭園に響き渡る!

おまけ
実際本編映像にはないのだが、ドレミの歌の絵コンテをみるともうワンシーン、以下の場所で撮影予定だったらしい!? という場所があったのでご紹介。
ミラベル庭園中央に位置する野外ステージ。木々で囲まれた迷路のようなところがある。
ミラベル庭園中央に位置する野外ステージ。木々で囲まれた迷路のようなところがある。
おそらくこの辺りで……
おそらくこの辺りで……
茶柱:こんな感じでマリアと子供たちが木々の間から顔を出したり、おどけながらド~ミミ~~って歌って踊るシーンがあったのでは??と憶測したのであった。

ナカ:先生!ここでとりあえず。「ドレミの歌」は完結でしょうか?

茶柱:そうなんだよお。それにしても何度見てもこの「ドレミの歌」のシーンは、ジーンとくるねえ、ここにくるとみな、幸せそうな顔してたよ。あの姿をみてるとこちらも幸せになる。

ナカ:本当にこのあの名シーンが蘇ってきますね!
で、先生。 圧巻の「ドレミの歌」の次のシーンは??

茶柱:ドラマはクライマックスへ! マリアがトラップ大差に心引かれていくシーンへと続くのだ!