地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、富津の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

富津の地域情報サイト「まいぷれ」

編集長、私に1000円ください。

1000円でいすみ鉄道乗り放題!

かばんから財布が取り出せない編集長
かばんから財布が取り出せない編集長
編集長、今日は毛皮ですか?
なんかずいぶん小さいですね。

そんなことより!
前からちょっと気になっていたムーミン列車の「いすみ鉄道」。
1日乗り放題のフリーパスが1000円ということなら、行くしかない!
存続の危機とも言われてるいすみ鉄道、早く行かないと、なくなっちゃうかもしれないし…早く早く!1000円ください!
やってきました大多喜駅。屋根の上の時計台がいい雰囲気です。
やってきました大多喜駅。屋根の上の時計台がいい雰囲気です。
いすみ鉄道の“売り”である菜の花の時期も過ぎてしまい、何もないいすみ鉄道には、いったい何があるんだろう?

取材を申し込んで「当日はどこに伺えばよいですか?」と聞いたところ、「うちは大多喜駅以外全部無人なんで、大多喜駅に」というお返事。どれほど何もないのか、さらに期待が高まる…
SUICAとかPASMOなんて、ここでは役立たずなのだ!
SUICAとかPASMOなんて、ここでは役立たずなのだ!
駅に入ると両側に並ぶいすみ鉄道グッズ&お土産品。そして正面に見える「販売機」。食券?いやちがいます、これは切符の販売機なの。
さあ、フリー切符の旅にしゅっぱーつ!

と思ったけど、次の電車まであと1時間近く…
出発までどう時間をつぶそうか。

お土産売場で意外なファーストフードを発見!
お土産売場で意外なファーストフードを発見!
袋を開けてがぶりとワイルドにかじりつくのだ。い鉄やきそばをかっこよく食すコンテストなんかやってみてもいい。
袋を開けてがぶりとワイルドにかじりつくのだ。い鉄やきそばをかっこよく食すコンテストなんかやってみてもいい。
建物前にある人力車は、土日祝日に稼動。約30分で大多喜の歴史名所を案内してくれる(3000円)。
建物前にある人力車は、土日祝日に稼動。約30分で大多喜の歴史名所を案内してくれる(3000円)。
出発の時間まで、駅前の観光本陣で休憩。
まずはいすみ鉄道いちばんの要、大多喜の歴史について学んでみましょう。
大多喜城城主、本多忠勝参上!<br>丁寧に竹で手作りされているところに地元の方の愛が感じられるのだ。
大多喜城城主、本多忠勝参上!
丁寧に竹で手作りされているところに地元の方の愛が感じられるのだ。
観光本陣ではタンザニアコーヒーがなんと100円で飲めます!
観光本陣ではタンザニアコーヒーがなんと100円で飲めます!
タンザニアコーヒー、軽めの味わい。<br>100円とはなんともうれしいお値段です。<br>「なんという豆ですか?」と聞いたら、<br>「さあ…豆じゃなくて粉なので…」とのこと。…粉って???
タンザニアコーヒー、軽めの味わい。
100円とはなんともうれしいお値段です。
「なんという豆ですか?」と聞いたら、
「さあ…豆じゃなくて粉なので…」とのこと。…粉って???
なぜまたタンザニア…?

四半世紀に渡り春のイベントとして開催されていた大多喜レンゲまつり。ここにタンザニア大使の方が見えたことから、大多喜の観光本陣ででタンザニアコーヒーを出すことになったのだそうです。(大多喜レンゲまつりは、第26回の本年を最後に来年からは開催予定がなくなったそうです…さびしい…)



反対ホームに行くには階段を下りて線路を渡る昔ながらのシステム。
反対ホームに行くには階段を下りて線路を渡る昔ながらのシステム。
あ、ついのんびりしてしまった。
そろそろ駅に行っておこうよ。乗り遅れたらまた1時間待たなきゃならないよ。


早めにきといてよかった。

だって、ホームにも見どころ満載!



負け知らずの武将、本多忠勝ここにも参上!しかも顔ハメあり、からくりありの大盤振る舞いだ!
顔ハメ発見したら絶対に顔をはめてこなくてはいけないのは編集部の決まりです。
顔ハメ発見したら絶対に顔をはめてこなくてはいけないのは編集部の決まりです。
こんな姫いやだ。
こんな姫いやだ。
本多忠勝と言えば鹿角脇立兜。立派に再現されてます。<br>これ、発砲スチロールで出来てるとは驚き!
本多忠勝と言えば鹿角脇立兜。立派に再現されてます。
これ、発砲スチロールで出来てるとは驚き!
回すと動く!はずのからくりは、現在故障中…直るのを待とう。<br>みんな、大事に扱おうね。
回すと動く!はずのからくりは、現在故障中…直るのを待とう。
みんな、大事に扱おうね。
スタンプコーナー。いろんなスタンプがあります。記念に押そう!
スタンプコーナー。いろんなスタンプがあります。記念に押そう!
「乗ってのこそう いすみ鉄道」<br>残ってほしい願いを込めて押しました!
「乗ってのこそう いすみ鉄道」
残ってほしい願いを込めて押しました!
菜の花のように鮮やかな黄色の車体。1両だけのかわいい電車です。
菜の花のように鮮やかな黄色の車体。1両だけのかわいい電車です。
そうこうしているうちに電車がきました。
まずは下りの「上総中野」行きに乗車します。

前面に「ワンマン」の文字。
わお、バスみたい!
ワンマンなので、整理券をとります。<br>降りるときにお金(切符)を機械に入れる。
ワンマンなので、整理券をとります。
降りるときにお金(切符)を機械に入れる。
一番前の特等席!電車好きにはたまらないですね。
一番前の特等席!電車好きにはたまらないですね。
緑の中にまっすぐのびた線路。
緑の中にまっすぐのびた線路。
たまにちょっとだけ曲がったりする。
たまにちょっとだけ曲がったりする。
とにかく周りは緑一色。
見事に「なにもない、が、ここにある」がここにある。

鉄橋の上で誰かが釣りをしている風景も味わえたりするので、ぜひ車外の景色は注意して見ておくとよいですよ。

下りの終点「上総中野(かずさなかの)」駅に到着!

上総中野駅は、いすみ鉄道と小湊鉄道の乗り換え駅。ここから小湊鉄道で五井まで行くことができます。

小ぢんまりした木造の駅舎がいい感じですね。
ホームの柱には、こんなわかりやすい表示も
ホームの柱には、こんなわかりやすい表示も
乗客のみなさんも、電車を降りて各々撮影タイム。
ホームの乗り降りなど、希望のショットが撮り放題!
電車の写真を撮るのがこんなに楽しいなんて今まで知らなかった。
駅の隣の青竹は、トイレです。<br>きれいに清掃されていました。
駅の隣の青竹は、トイレです。
きれいに清掃されていました。
駅の向うにはでっかい青竹! あれなに?

「あれはトイレだよ」と教えてくれたおじさんが一人。茎みたいのがたくさん入った紙袋を持って、これから登り電車に乗るらしい。

「おじさん、袋に入ってるの、なあに?」

「フキ。知り合いのところに持ってくの」